視線

人の視線をこれ程にまで怖いと思った事は過去に一度もない。この現実から早く逃れたくてしょうがないし、最近は気が付いたら人差し指を噛んでいる。爪も噛んでいる。気持ちの行き場がないから痛みを感じて抑えようとしてる。そして、こどもの癖みたいだなーって、呆れてる。こんな時、あ…私、危ない所まできてるなって思う。嘘の笑顔を巻き散らかすのも疲れた、なんで私…あんな人に向けて笑顔浮かべてるの?どうしてそんなに私の事を睨みつけるの?どうして私ばっかり我慢をするの?どうして私ばっかり涙を流すの?

明日、ズル休みしていいですか。

このまま仕事辞めてもいいですか。

責任感のない人だって罵られてもいいや。

もう、どうでもいいや。

苦しい、こうやって言葉にするともっと苦しい。でも我慢するのはもっともっと苦しい。

私が居なくなればあの人は満足するの?

私が苦しい思いをする度にあの人は笑うの?

 

仕事で頑張って見返せばいいと言われた

でもそういう事じゃない

あの人が居る世界は私にとって地獄でしかないから

繰り返し繰り返しあの時の記憶が戻ってきて私をずっと苦しめるから

だから、もう楽になってもいいよね

 

誰も怒ったりしないよね

 

どうしてこんな時に病気にならないの私。

どうして笑った振りをするの?

全然伝わらないね、誰も分かってはくれないね。大嫌い、大嫌い

 

 

 

広告を非表示にする